昔から愛されるメガネの近状|印象をガラリと変える魔法のアイテム

ウーマン

オシャレの道具

男性

メガネをかけているからと言って、必ずしも目が悪いというわけではないようです。最近では、多くの人がファッション道具の一つとして取り入れているのです。眼鏡屋さんでも、豊富なアクセサリーが販売されているでしょう。

もっと読む

有名なブランド

目元

人気のメガネブラヨンドとして知られているのが、ルノアです。シンプルながらデザイン性が高いと評判で、今では世界的に有名となりました。ゲルノットリンドナーが設立し、多くの人々を満足させているのです。

もっと読む

輪郭や肌色

笑顔のレディー

人によって、フェイスラインには違いがあるのではないでしょうか。輪郭はメガネを選ぶ上で重要となる項目なのです。また、肌の色も大切です。色白や色黒などによって、似合うメガネが変わってくるでしょう。

もっと読む

変化する状況

目元を触る人

自分らしいメガネを探す

最近は目を使うことが多くなっており、視力が落ち始める年齢も下がっています。そして、メガネをかける人の割合も多くなっております。以前は視力を矯正するためだけの道具とみられがちでしたが、現在では、自分らしさをアピールするための道具としても活躍しています。少し、雰囲気の違ったメガネをかけるだけでも別人のようになれることもあり、TPOに合わせたメガネの取り換えをする人も増えてきています。そういった流れを助長するように、メガネも購入しやすくなってきました。特に外国製品が多く流入してきたことが、その流れに拍車をかけました。各社とも競争が激しくなってきたおかげで、様々な機能、デザインの商品を楽しむことができるようになっています。

価格の動向は

20年ほど前の状況と今の状況を比べてみると、メガネ事情は大きく変化しました。当時はガラスのレンズが主流であったこともあり、薄くて軽いプラスチックレンズは高価でした。そのため、薄くて軽いレンズを適用すれば、倍近い価格になっていました。それが現在では、薄いレンズにすることが当たり前になり、現在では、同価格にまで落ちてきています。これにより、メガネを作成する場合の平均的な価格は、15000円から20000円が相場になっています。後は、メガネの枠の素材によって、価格が変わってきますが、安いものでは3000円ほどで入手できるものもあり、第二、第三のメガネとして使用している人もいます。もちろん、高品質のものを求めるのであれば、そういったニーズにも答えることができるような商品もそろっています。